quite

世界初、QualcommのQCC5124と
amsのデュアルチップを採用

グローバルで大ヒット、新世代のアクティブノイズキャンセリング(ANC)イヤホン「PaMu Quiet」が日本上陸!

Padmateは、Indiegogoにおける3つのプロジェクトでのべ20万人以上のかたがたに支援された、気鋭のオーディオブランドです。

これまで行ってきたプロジェクトはどれも成功をおさめ、合計で1,100万ドルもの支援額を達成しました。NBAスタープレーヤーをはじめとするセレブの推薦やレビューも付き、グローバルで話題となっています。

PaMu Quietは、そんなオーディオ系プロダクト世界トップを目指すPadmate(パッドメイト)の先端技術が凝縮された、アクティブノイズキャンセリング技術を採用した完全ワイヤレスイヤホンです。


ハイブリッド方式のアクティブノイズキャンセリング

Qualcommのフラグシップチップ「QCC5124」採用

ドライバーにチタンドームPEN振動板を採用

超軽量5.1g

周囲の音が聞こえる、外音取り込みモード

簡単タッチ操作

防滴・防汗性能

クリアな通話品質

ワイヤレスでも充電可能

最大10.5時間の音楽再生

懐中時計を思わせるユニークなデザイン

専用アプリでカスタマイズ



一流のメーカーと提携し開発

アクティブノイズキャンセリング × 完全ワイヤレスは音楽を余すところなく楽しむための次世代の技術です。大手ブランドからはアクティブノイズキャンセリング機能を搭載したイヤホンが販売されていますが、どれも高価なものばかりです。

Padmateは、Bluetooth技術に実績のあるQualcomm社、ノイズキャンセリング技術に長けたams、その他各社と提携して、新製品PaMu Quietを開発。リーズナブルな価格を維持しながらも、高性能で快適なアクティブノイズキャンセリングイヤホンが誕生しました。



ハイブリッド方式のアクティブノイズキャンセリング

街の喧騒や車の騒音など、私たちはノイズの多い世界に住んでいます。外出中には、周囲の騒音が忍び寄ってきて、音楽の楽しみが台無しになってしまいます。PaMu Quietは、アクティブノイズキャンセリングで騒音をシャットアウト。集中して音楽を聴くことができます。

PaMu Quietは、小さなボディに大きなアクティブノイズキャンセリング効果を搭載。PaMu Quietに搭載されたノイズキャンセル機能は、フィードフォワード方式とフィードバック方式の両方を使用したハイブリッド方式です。

ふたつの方式を組み合わせることでより効果的にノイズを低減することができます。



Qualcommのフラグシップチップ「QCC5124」採用

PaMu Quietは、クアルコムのフラッグシップチップ「QCC5124」を採用。広範囲で強い信号を受信することが可能です。また、高音質のAAC、aptXコーデックの両方に対応し、素晴らしい音楽を楽しめます。



ドライバーにチタンドームPEN振動板を採用

10mm径のダイナミックドライバーの振動板には軽量で高強度なPEN(ポリエチレンナフタレート)に加え、ドーム部に高音域の再現性に優れたチタン素材を採用。高い解像度とリッチな低音を両立し、臨場感のあるサウンドを実現しました。



超軽量5.1g。人間工学を基にし、試行錯誤の末たどり着いた精密設計

最適なパフォーマンスを得るために人間工学を基にして設計され、驚異的なノイズキャンセリングと完璧な音質、そして快適な装着感を実現しました。

PaMu Quietは美しいサウンドと快適な装着感、そのどちらにも妥協しません。軽やかな装着感が得られる超軽量5.1g。精密な通気孔を持つイヤホンを設計することで、密閉時に発生するポップ音を排除。また、精密に設計された筐体構造が耳にかかる圧迫感を大幅に低減し、快適なリスニングを実現しました。

懐中時計を思わせるユニークなデザイン

懐中時計を思わせるユニークなデザイン

PaMu Quietの充電ケースは、懐中時計を思わせるデザイン。レザー調で高級感があり、ボタンを押して開閉するユニークな機構です。

専用アプリでカスタマイズ

専用アプリでカスタマイズ

さらに便利にお使いいたくために、専用アプリ「PaMu Quiet」はイヤホンの設定やタッチ操作機能のカスタマイズ、ファームウェアのアップデートをサポートしています。自分好みに、より便利にカスタムすることができます。

専用アプリダウンロード

Padmate(パッドメイト)は、テクノロジー、人間、社会の友(Mate)のコンセプトのもと創業者Maoによって名付けられました。世界を牽引するブランドを目指し、高品質なオーディオ、スマートデバイスを提供しています。

 

Padmateはオーディオ専門ブランドで、米国のクラウドファンディングINDIEGOGOにて1億円以上の支援を達成した「PaMu」をはじめ、その製品は世界に知られています。洗練されたデザインと音の融合を目指しながら、Qualcomm及びインテルなど世界多国籍企業とも連携し、最新技術を活かした製品の開発を続けています。

よくある質問

充電ケースの充電ができません。

 

1.ご利用の充電ケーブルについて

充電には付属のUSB-AtoCケーブルをご利用ください。
例えば、USB-CtoCケーブルをご利用頂いている場合、
製品によってUSB-CtoCケーブルとの互換性が取れない場合がございます。

2.電源アダプターについて

充電ケースの入力電力量はさほど高くなく、5V0.5A~5V1.0A内に収まります。
ご利用頂いている電源アダプターの出力が大きすぎると充電できない可能性がございます。
電源アダプターのV/Aをご確認下さい。

上記問題ない状況で充電が行えない場合は、カスタマー窓口までお問合せ下さい。

イヤホンの充電ができない。

 

充電ケースの充電残量をご確認下さい。

充電ケースの充電を開始すると蓋の半円をLEDランプが流れます。
LEDランプが流れる場所によって充電残量を確認できますため充電しながらお確かめください。

例:
一番左からLEDランプが流れる    >バッテリー残量がほぼありません。
時計でいう12時付近からLEDが流れる >バッテリー残業が50%ほどございます。

イヤホンの電源ON/OFFは充電ケースへの着脱で機能しますため、
充電ケースに十分なバッテリー残量がないと機能しない事がございます。

一度充電ケースをフル充電して頂き、再度イヤホンの電源ON/OFFが可能かを
お試し頂けますようお願いいたします。

上記問題ない状況で充電が行えない場合は、カスタマー窓口までお問合せ下さい。

音楽などを再生していない場合でもノイズキャンセルが機能しますか? また、その際の連続使用可能時間は?

 

音楽を流さずに、ノイズキャンセリング機能のみお使いいただけます。
デバイスとBluetooth接続していない場合は、 約5分ほどでノイズキャンセリング機能が自動オフになります。ご了承ください。
連続使用可能時間ですが、保証している時間は最低3時間30分でございます。

複数のデバイスに同時に接続できますか?

PaMu Quietは最大3つのデバイスとペアリングが可能です。ただし、同時に接続できるデバイスは1台となります。
接続デバイスを切り替えるには、接続済みのデバイスのBluetooth設定から接続を解除し、新たに接続したいデバイスのBluetooth設定から接続を行ってください。

イヤホンのモノラル接続の方法は?

【Lイヤホンのみ使用】
1.接続する機器のBluetooth機能をオフ(OFF)にしてください。
2.充電ケースからLイヤホンのみ取り出します。
3.接続する機器のBluetooth機能をオン(ON)にしてください。
リストの中から「PaMu Quiet L」を選択してください。
4.「Connected」とアナウンスが聞こえたら、機器との接続されます。

【Rイヤホンのみ使用】
※Rイヤホンの接続は少し特殊な設定を行います。

1. 接続する機器のBluetooth機能をオフ(OFF)にしてください。
2.充電ケースからLイヤホン、Rイヤホン(両方)を取り出します。
3.接続する機器のBluetooth機能をオン(ON)にしてください。
リストの中から「PaMu Quiet L」を選択してください。
4.「Bluetooth ペアリングの要求」がポップアップします。
「ペアリング」を選択し接続してください。
5.Lイヤホンをケースに戻します。Rイヤホンのみで使用できます。
※自動でRイヤホンに切り替わらない場合は、リスト内の「PaMu Quiet R」をタップして接続して下さい。

ノイズキャンセリングをオンにしたときに異音が発生しますが、故障でしょうか?

 

こちらの現象はイヤホンが信号を受けるときに発生する電子音になりまして、音楽の再生直前、再生中、停止直後に発生することがございます。

発生する原因としましては、イヤホン装着時の気圧調節や装着感を上げるためのイヤホン内部の設計により、内部音と外部音の間で干渉を受けやすくなっているため、音楽データや動作指示を受信する際に動作音が耳に届くことがございます。

こちらの現象につきましては商品の仕様と考えて頂けますと幸いです。

イヤホンLEDの見方

アプリ側で音量の変更ができますか?

専用アプリでは、音量の変更はできません。
スマートフォンなどの接続デバイス本体、または、PaMu Quietイヤホンのタッチセンサーでのコントロールをお願いいたします。

アプリ内のデバイス情報を削除する方法は?

【iOS】
該当デバイス情報を右から左にスライドすると削除ボタンが表示されるのでタップして削除をしてください。

【Android】
該当デバイス情報(デバイス名)を長押しすると削除を実行するポップが表示されるのでタップして削除をしてください。

ノイズキャンセリング機能が効きません。

R側のタッチセンサーを長押しして外音取り込みモードからノイズキャンセリングモードに切り替えを行います。変化がわかりにくいという方は、専用アプリ上でもお試しください。

それでもノイズキャンセリング効果が感じられない場合は、イヤーピースを左右それぞれ耳に合った適切なサイズに変更の上、耳にぴったりと装着するようフィット感の調整を行ってください。

右側のイヤホンのみノイズキャンセリングが有効になりません。

ケースとイヤホンの充電を行った上で、イヤホンとデバイスを接続し、両方のイヤホンから音楽が流れるかをご確認ください。

右側のイヤホンから流れない場合はペアリングが正常に出来ておりません。Bluetooth設定より一度PaMu Quietのデバイス情報を削除していただき、再度ペアリングを行ってください。

両方のイヤホンから音楽が流れる場合は専用アプリの「設備を追加する」を開いて「PaMu Quiet L」を接続し、ノイズキャンセリング機能が有効になるかをご確認ください。

片側イヤホンからしか音が出ません。(ペアリングが出来ない等)

イヤホンの接続がうまく行えない場合は、下記動画をご参考頂き、イヤホンのリセットを実施下さい。

Siri、Googleアシスタントを使用できますか?

 

はい、通話中でないときに左イヤホンのタッチセンサーを長押しすることでボイスアシスタントを有効にできます。
Alexaには対応しません。

Windows10 PCにはどうやって接続しますか?

1.「スタートボタン」をクリック、あるいはWindowsキーを押します。
2.「設定」を選択します。
3.「デバイス」を選択します。
4.「Bluetoothとその他のデバイス」で、Bluetoothをオンにします。
※キーボード操作の場合、スペースキーを押します。
5.Bluetoothまたはその他のデバイスを追加するを選択します。
6.「デバイスを追加する」画面でBluetoothを選択します。
7.周辺にあるBluetoothデバイスを検索する状態になります。
8.Pamu Quietのイヤホン間のペアリングが完了します。
Lイヤホン:点滅(赤・青)
Rイヤホン:点滅(青)
9.PC上でデバイスが検出されるとイヤホン情報が2個出てきまので、「Pamu Quiet L」を選択します。
10.少し待ちますと「デバイスをペアリングしますか?」とポップが表示されますので許可を選択していただくと「Pamu Quiet R」もペアリングされます。

アプリと接続できません。

ケースとイヤホンの充電を行った上で、イヤホンとデバイスを接続し、両方のイヤホンから音楽が流れるかをご確認ください。

右側のイヤホンから流れない場合はペアリングが出来ておりません。ペアリング方法で再度設定を行ってください。

両方のイヤホンから音楽が流れる場合は専用アプリの「設備を追加する」を開いて「PaMu Quiet L」を接続し、ノイズキャンセリング機能が有効になるかをご確認ください。

イヤホン単体で電源ON/OFFが出来ますか?

 

イヤホン単体で電源のON・OFFが行えるのは、イヤホンとデバイスをBluetooth接続していない状態の時になりまして、手動で操作ができるのは電源ONのみとなります。

そのため、音楽再生後にイヤホンの電源をOFFにしたい場合は、充電ケースに戻していただく必要がございます。

本製品はイヤホンをデバイスとBluetooth接続していない状態が約5分ほど経過しますと自動的にイヤホンの電源がOFFに切り替わります。

イヤホンのタッチ可能エリアを長押しして頂くと電源がONになりますため、再度ご利用頂くことが出来るようになります。

あくまでも待機時間(デバイス未接続時)中にご利用頂ける機能となりますため、通常時は充電ケースをご利用頂けますと幸いです。

 

マニュアルダウンロード(PDF)

店舗情報





公式ストア